金銭トラブルに困ったら弁護士を頼ると良い理由

万が一、金銭トラブルで困るようなことがあったら、自分で解決をしようとせず弁護士に相談するのがおすすめです。なぜならば、弁護士は法律の専門家であり、法に則った形で問題を解決に導いてくれます。また、当事者自身で問題を解決しようとした場合、さらにトラブルを起こしてしまうことも少なくはありません。そのようなリスクを回避する意味でも、金銭トラブルの解決は、弁護士を頼るのがおすすめです。

弁護士に相談して解決する問題

女性弁護士

過払い金の請求手続き

最近、テレビコマーシャルでもよく目にする過払い金の請求は自分で行うこともできます。しかし、時間も手間もかなりかかるため、自分で行うのはおすすめできません。そのため、スムーズ且つ確実にすすめていくためには、弁護士に依頼するのがおすすめです。

借金全般に関する問題

借金に関わる問題も、弁護士に相談することで解決できる場合があります。借金返済が困難になってしまった場合には、弁護士に相談して自己破産や債務整理をすることによって、借金を減額させたり、場合によっては無くしたりすることができます。

交通事故を起こしてしまった場合の示談

不幸にも交通事故を起こして、被害者を出してしまった場合には示談を行うことがあります。このような場合にも、弁護士に相談して問題解決を図ることができます。弁護士は当事者に代わって、相手方と交渉や調停を行ってくれます。

専門性の高い弁護士に債務整理の相談をすると安心!

電卓を持つ人

腕の立つ弁護士の探し方

弁護士と一括りに言っても、対応する業務の分野は非常に幅広いため、自分が依頼したい問題の分野に強い弁護士を探すことが大切です。過去にその分野に対する実績があるかも参考にすると良いでしょう。また、報酬など費用に対する説明が明確であることも重要なポイントです。ポイントとして、弁護士に対する支払い体系が成功報酬型で、敗訴した場合は無料で良いですという弁護士は、それだけ自分の腕に自信を持っている可能性が高いです。

男性

評判の良い弁護士の特徴

評判の良い弁護士の特徴として、報酬に対する説明が明確で、いわゆる明朗会計というのがあります。また、依頼者が疑問に思ったことは、親切にわかりやすく説明してくれ、納得いくまで相談にも応じてくれるという特徴もあります。無料相談を実施しているところもあるでしょう。さらにアフターケアなど、心のケアもしてくれるのが評判の良い弁護士の特徴と言えます。弁護士に依頼する相談は、自己破産や債務整理などデリケートな問題が多いだけに、顧客満足度が高い弁護士は、総じて信頼感が高いという共通点があります。

借金トラブルで弁護士が対応できる内容と司法書士が対応できる内容の違い

法的な業務を行えるか

弁護士は法的な業務全般を行うことが許可されているため、裁判所を介した手続きなどにも対応可能です。一方、司法書士は法律相談など、法律に関わる業務を行うことはできません。借金の相談をするのであれば、弁護士ということになります。

自己破産や過払い金の相談ができるか

弁護士は、自己破産や過払い金の相談にも応じることが可能ですが、司法書士は応じることができません。そのため、自己破産や過払い金の相談をしたいのであれば、弁護士に相談する必要があります。